Tag Archives: ef – a tale of memories

最近の新作アニメについての断想(1) – 「ef – a tale of memories」

10月になって新しく始まる新作アニメが多い。 それらについて一度ポストしようと思ったけど なかなか時間が出なくて持ち越したのでもう2話目になったのが多いOrz これ以上持ち起こしたら今感じる感想も忘れちゃうかも知れないので 一応、時間なりで書き込む。 その一つ。 ‘ef – a tale of memories’ 原作はMinoriの成人ゲーム「ef – a fairy tale of the two」。製作はシャフト。 原画は「D.C. ~ダ・カーポ~」、「sola」とかで有名な七尾奈留さん(女性キャラ)。 そして音楽に‘天門’さん(うほ!)。 原作自体が一人の人物をFocusして話すものじゃなくて いろんな視点で話が進むのが特徴だったので アニメはどうなるかなと思ったが、 やはりシャフトって言うか、120%忠実に作ったので ストーリの進行が散漫な感じまで受け取るくらい。 だが、「ef – a tale of memories」(以下ef)の真価はストーリよりは演出だ。 一般アニメとは全然違う演出。 映像と音楽がすごく感覚的だ。 1話のオープニングの1カット。 黒い画面に白い文字が1字1字出てくる。静かで、強烈な感じ。 Long-Shot。普通、アニメではよく使わない、映画でよく使えるカメラ技法。 全体的な背景の流れとか描写が要る時、よく使える技法だが 「ef」では背景を通じた映像美とともに人物の心理的な距離を表現する事でよく使えてる。 特に2話のこのシーンは絶頂。 そのほかにも作品全体からLong-Shotを使った演出はよく見える。 そしてまた一つ、黒白のモーノトン。 黒白のインパクトは強烈だ。 そのほかにもパステルトーンの彩色の上にBlur効果とか、そんな映像美とともに 天門さんと柳英一郎さん特有の音楽が調和になって「ef」は静で心を響く、 感覚的な作品になった。 そらの演出。「sola」を連想させる面もあるけど、作品全体の雰囲気と調和、 雲の動きさえもひとすじの感興を呼び出す。 ただ2話までを見て言うのは何だけど、 「ef」を一語で表現すれば、’感覚的’になると言える。 作品の一秒一秒が目を離せない、 でも緊張感とは違う、安らぎと懐かしい、おぼろげに浮かびあげる郷愁を感じる、 そんな作品だ。… Read More »

최근 신작 애니메이션에 대한 단상(1) – ‘ef – a tale of memories’

4/4분기, 10월이 되어서 새롭게 시작하는 애니메이션들이 상당히 많다.그것들에 대해서 한번 포스팅하려고 했었는데미루다보니 이미 2화가 넘어가버린 게 많네…더 이상 미루다가는 지금 느끼는 감상들도 다 잊어버릴 거 같으니일단 시간나는대로 써보기로 함. 일단 첫번째. ‘ef – a tale of memories’ 원작은 Minori의 성인게임 ‘ef – a fairy tale of the two’. 제작은 샤프트,원화는 다카포, sola 등으로 유명한 나나오… Read More »